Tuesday, December 25, 2012

『未来の党』から嘉田氏を追い出すのは得策か

最近、Twitterやブログ記事で感情的で過激な嘉田知事攻撃をよく目にする。しかし、嘉田氏を否定することは、嘉田氏のこれまでの業績を評価し、受け入れた小沢氏を否定することにつながるのではないか。

今回の衆院選で惨敗したのだから、責任をとって辞めろなどと言う人もいるが、私は、準備期間が短すぎたこの選挙は、新しくできたばかりの党にとって勝利するのは、誰が代表であっても困難だったと思う。たとえ、小沢氏や森ゆう子氏でも難しかっただろう。

特に不正選挙の可能性が高い今回の選挙で、嘉田氏に惨敗の責任を取らせようとするのは、おかしい。

私もそうだが、小沢支持者にとっては小沢氏が代表になることを望んでいると思う。しかし、国民がメディアによって「小沢=悪」のイメージを洗脳され続けた結果、小沢氏に拒否反応を抱く人が多くいることを忘れてはならない。たとえ無罪になっても、悪のイメージはぬぐえない。なによりも、メディアの記者が小沢氏が嫌いであることを公言しているのだから、小沢氏が表に出たら、どうなるか想像がつくだろう。

今は、『未来の党』を分裂させるよりも、大きくすることが大切だと思う。「原発、TPP,増税に反対」という共通理念で一致団結して一つの政党となったのだから、それを柱にまとまっていってもらいたい。

嘉田氏が「脱原発」を「卒原発」にしたのも、公務員など、どこからか「脱原発」をアピールすると今回の選挙では不利だという情報があったからではないだろうか。だから、あえて、少し緩めの「卒」どいう言葉を使い、廃炉もいますぐではなく、10年後としたのではないか。

ただ、嘉田氏の発言の中に問題になる発言があるとしたら、排除するのではなく、とことん議論するべきだと思う。小沢氏の古くからの支持者には、嘉田氏や飯田氏に不信感を持っている人が多く、まるでこの2人が小沢氏を排除しようとしていると考えている人もいるようだが、小沢氏が表に立たないのは本人の希望なのであって、小沢氏さえ表に立とうという気があるのなら、この2人も喜んで受け入れるだろう。もし、それに異論があれば、亀井氏のようにさっさと離党するかもしれない。

全ては小沢氏の決断次第なのだ。小沢氏としては、表に立つのがあまり好きでないらしいので、代表になっていただくのは難しいだろう。代表になるとしたら、まず、国民に「小沢氏=悪」のイメージを刷り込んだメディアを告訴し、それに勝利してからだろうと思う。そうすれば、国民はメディアが間違っていたことを悟り、メディアも小沢氏を悪く言う者はかなり少なくなるのではないか。

メディアを訴えることなく、小沢氏のイメージが良くなることはありえず、故に『未来の党』の代表になるのは、難しいと思われる。

一方の嘉田氏は、滋賀県議会に知事と党代表の兼務が県政運営に支障を及ぼすとして兼務の解消を求める決議案が26日午後に提出され、可決される見通しだが、決議案に法的拘束力はないため、今のところ嘉田氏は、橋下のように知事と党代表を兼任し続けるつもりのようだが、どちらかをとるとしたら、知事の方を選ぶつもりのようだ。

嘉田氏には、日本から原発をなくすという強い信念があったように見えたので、応援していたが、彼女の発言が小沢支持者に誤解を与え、バッシングされてしまった。とても、残念である。今日の午後、嘉田氏の記者会見があり、今後のことを語ると思われる。いったいどのような決断をするのだろうか。

1 comment:

大川浩司 said...

ご苦労様です。
あなたが脱原発の方向に日本を変えたいのは伝わりますが今回の分裂騒ぎでますますその可能性はなくなっていくと思います。
脱原発の意図をもった人がいてもどの党にいれればいいのかわかりませんからね。
不正選挙の告発も意味ないのでは?
もし再選挙になっても今より未来の党は議席を減らす可能性が高いのではと思うからです。
未来の党に何の未来もなく”卒業”されるのが一番あなたにとっていいことだと思います。