Saturday, July 13, 2013

2013年参院選は共産党が大躍進!?

一昨日のブログの記事を読んで、記事のコピーを持ってさっそくVAN SOBAにかけつけてくださった方がいたそうだ。その方は、「こんなに美味しい本物の手打ちそばを、ヴァンクーヴァーで食べられるなんて思ってなかった。」と語られた常連の若いお母さん。このブログも毎日読んでいてくださるそうで、ありがとうございます。

さてさて、参院選の投票日を1週間後に控えた今、もうすでにどの政党の誰に投票するか決まった方も多いと思われる。しかし、原発を推進するのが自民党のみで、他の政党はほとんどが反原発的立場を表明しているため、反原発を希望する国民は、どの政党を選んだらいいか迷っている人がいるのではないかと思う。

しかし、下記の原発・エネルギーに関する主な党の公約要旨を見てもおわかりのように反原発を訴える党のほとんどは、2020~30年代までに廃止またはゼロにすることを掲げているが、共産党だけは即原発ゼロを明言している。(公明党は「可能な限り速やかに」としているが、原発推進派の自民党と連立することから、その表現が、即原発ゼロではないことは明らかだ。)


画像:産経ニュースより

原発の輸出や即廃止を希望する人は、今回の参院選を共産党に託してみても損はないのではないかと思う。ちなみに、下記の7月11日付けの『Motoraji』というブログが参考になるのではないか。



今回の選挙では、山本太郎氏もリアル・ネット共に健闘しているが、前述のブログを読んでもおわかりの通り、与党への影響力は議席数で決まる。故に1人でできることには限りがあるため、彼に投票しても、彼が国会で活躍する場は少なく、原発をゼロにできる可能性はほぼゼロに近い。

原発推進派と反対派が日本に50%ずつ存在するとしたら、原発推進派の自民党に50%の国民が投票し、残りの反原発派の50%が他の8党に分散してしまうとしたら、結果は見えている。

それは、今朝のフジテレビ「報道2001」による投票先にはっきりと表れている。


画像:Facebookのウォールより

まだ決めていない人が全員共産党に投票すれば、共産党の参議院議席は増え、国会で自民党がやりたい放題やることも阻止できるだろう。

共産党のやり方や、共産党を支持する人を嫌う人もいるだろう。でも、今年の参院選は、米国による日本属国化をくい止めるためにも、共産党に投票してみようではないか。

IWJの岩上さんが、複数の政治家から本音を引き出すのに成功した優れたインタビューの数々。投票先を決定するのに参考になると思われる。今回、共産党は、志位委員長は都合がつかなかったため、小池晃副委員長がインタビューを受けた。



Video streaming by Ustream

2 comments:

kuukei said...

今日のネット実況中継は午後からです。

切々と真実を語り続ける山本太郎の演説は感動的です。
ぜひ山本太郎のツイキャス(ネット実況中継)で彼の演説をリアルタイムで見て下さい!!
http://twitcasting.tv/yamamototaro0

山本太郎演説スケジュール
http://imahahitori.com/schedule/
7月15日(月・祝日)
12:00~13:00 葛西臨海公園 江戸川よさこいMYフェスタ
14:30~15:15 秋葉原電気街口
16:00~16:45 有楽町駅中央口
17:30~18:30 お台場 海の灯まつり in お台場2013
19:15~20:00 秋葉原電気街口
20:30~ 舞浜駅
時間は多少前後することがあります。ご了承下さい。

山本太郎公式ツイキャスが見れない場合は、次の個人ツイキャスで見れる場合があります。
http://twitcasting.tv/jack_furuchan
http://twitcasting.tv/wako_66/
http://twitcasting.tv/mshr_tweet

yoko jones said...

日共が反原発?本当にそうでしょうか。
原発容認派の立場から言うのもなんですがその認識は誤りがあると思います。
日共は事故までは「核の平和利用」といってまんざらでもありませんでした
そのことで原水禁と対立もしてました
共産党員の頭の中は「夢のエネルギー」がスローガンだった時代で止まっているのではないかと思います。原子力関係の研究者には共産党員も多くいます。
反原発運動を取り込むためのサービストークと本音は違います。
原発に反対するならそこんところは正しく理解したほうがいいです。